skip to Main Content

心の雑音

雑音に埋もれれば、綺麗な音楽の調も聞こえませんよね。例えば、電波を使ったモバイルデータ通信でも同じことが言えます。雑音が少ないところ、つまり余計な電磁波が少ないところでは、通信もたやすくできるのです。

これを記憶に置き換えれば、雑音は、心の雑音つまり、邪念や必要ないプレッシャーです。会社の面接などで、わざとプレッシャーを与えたりする企業がありますが、これは何を見たいのかというとプレッシャーに対する耐性なのです。この耐性は訓練で身に着けることはできるのですが、このような面談については、否定的です。つまり、この面談では耐性に主眼を置いて、人の本来の能力というものについては、測ることができないからです。もしかすると、このような試験では、面の皮の厚さだけを見る結果に終わっているかもしれません。

ところで、試験に対する速読では、心の雑音の理論もお教えします。通常は権威に対して従うというのが、一種の処世術となっています。人間は環境に適応する生き物なので、ここのところで、余計な心理的な回路ができてしまうことがあります。つまり、プレッシャーを感じて凹まされてオドオドしていれば、可愛がられるという一種の成功体験なのです。おの「オドオド」が権威を振りかざす、人間が与えるプレッシャーの目的なのです。

将来の話ですが、プレッシャーに対して跳ね返す心の仕組みを説明できればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top