skip to Main Content

社会的洗脳

最近、社会的洗脳ということばをよく聞きます。
洗脳について多少学んだところ、洗脳は小さな納得の積み上げのようです。大きな納得になれば、多少の疑念がわいても崩すことができません。洗脳される側に、疑いを生じさせないためには、その人を知恵を付けさせない事ですここが重要です。要するに馬鹿で居させるのです。学ぶ姿勢を排除させるのです。

知恵を付けさせないテクニックはいろいろとあるようです。まずは、相手にいろいろなことに対して諦めさせるのです。しいては自分で判断することを奪うのです。自分で判断すれば罰を与え、判断を放棄すれば褒美を与えるという、アメとムチのような手法でも良いかも知れません。

オレオレ詐欺のような手法でも、一時的に判断力が失われるので、これも短期的な洗脳といえるでしょう。広く意味をとらえれば、採用試験で行われるプレッシャー面談もこのひとつといえるでしょうし、試験会場の雰囲気も、洗脳の状態に近いかも知れません。
洗脳に対抗する手段も考えてみたいですね。ヒントは全体を見ずに一部に注目することに有りそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top